Now Loading...

Now Loading...

現在お使いのAndroid標準ブラウザには脆弱性が存在しセキュリティ上の危険があります。Googleのサポートが終了しているため、今後この脆弱性が修正されることはありません。動作保証外となりますので、一部正しく表示されないページがあります。当サイトでは Google Chrome でのご利用を推奨しております。

Google Chromeで表示する Google Chromeをインストールする

和痛分娩

和痛分娩について

和痛分娩とは、麻酔薬を使って陣痛の痛さを和らげ(無痛ではありません)分娩を進めてゆくものです。 当院で和痛分娩をされた産婦様からは、「楽だった」「体力の回復が早かった」など、非常に高い満足度を頂いております。 産後の生活は、普通分娩と全く変わりはありません。

当院における和痛分娩の方法

  • 和痛分娩は、完全予約制、計画分娩です。
    • 和痛分娩実施前日に入院。内診所見により、処置を行うことがあります。
    • 和痛分娩実施当日、硬膜外麻酔のためチューブを背中から挿入します。
      陣痛開始と同時に麻酔薬を注入し、分娩終了まで麻酔薬により、陣痛の疼痛をコントロールしていきます。
      ※硬膜外麻酔とは
      横向きになり、背を海老のように丸めた姿勢になってもらい、極細い注射針で痛み止めの注射を行います。その後、背中に硬膜外針を刺し、その針の内腔からカテーテルを入れて、痛みをコントロールします。  
    • 分娩誘発剤の点滴を開始。(硬膜外チューブを挿入前に実施することがあります)
    • 心電図モニターと定期的に血圧測定をします。※普通に飲食して頂いてかまいません。
  • 予約入院前に、陣痛発来や破水で入院した方は、和痛分娩を行うことができません。
  • 計画分娩ですので、安全性を考慮し、日勤帯での実施となります。夜間、休日は行いません。
  • 和痛分娩を行うことができるのは、誘発分娩を開始してから2日間です。
  • 入院後、処置を行っていますので、医療的安全性から一時退院はできません。
  • 和痛分娩が行えなくても、和痛分娩のための処置を一度行った場合は、和痛分娩料金を頂きます。
    • 初産婦:分娩料金+15万円
    • 経産婦:分娩料金+10万円
  • 指輪、ネイル、エクステ、アクセサリーは、必ず外しておいてください。
  • コンタクトレンズの方は、メガネをご用意ください。

和痛分娩の適応にならない場合

  • 出血傾向の方(抗凝固剤の内服、血液検査から医師に言われているなど)
  • 脊柱側弯症の手術後の方

硬膜外麻酔の副作用

  • 低血圧
  • 吐き気
  • かゆみ(薬疹が出た既往の方は、必ず事前にお伝えください。)
  • 尿意を感じない
  • 微熱

合併症

  • 放散痛、背部痛
  • 偶発的硬膜外穿刺と頭痛
  • 硬膜下穿刺および薬剤注入
  • 偶発的血管内注入
  • 神経学的合併症(下肢のしびれ、感覚鈍麻など)

札幌マタニティ・
ウイメンズホスピタル

札幌市北区北13条西4丁目
北大病院前

011-746-5505

診療時間
9:00~12:30 - -
14:00~16:30 - -
17:00~19:00 - - - -

札幌マタニティ・ウイメンズ南1条クリニック

札幌市中央区南1条西6丁目
桂和第27条ビル4F

011-208-1880

診療時間
9:00~13:00 - -
14:30~18:00 - - - -
詳しく見る

札幌マタニティ・ウイメンズJRタワークリニック

札幌市中央区北5条西2丁目
JRタワーオフィスプラザ札幌8F

011-209-5350

診療時間
9:00~12:30 - -
14:30~16:30 - - - - - -
14:30~18:00 - - - - -

※土曜日は12:00まで

詳しく見る
  • マミーちゃん保育園
  • 特別養子縁組
  • 赤ちゃんギャラリー
  • レシピ集
  • 無料シャトルバス
  • ひだまりブログ
f